短期トレーダーとして始めた方があっているシステムです

レバレッジを1〜25倍まで6パターン選択できるのもみんなのFXの特徴です。それぞれの保有玉や投資スタイルに合わせて資産運用をできます。1000通貨単位で取引が可能なので、初心者も大きなリスクを背負うことなくFXを始めることができます。当然ですが、スワップ金利もつきます。スプレッドやレバレッジが好条件の場合だと、スワップポイントが逆に縮小されている事もあるかもしれません。しかし、スワップポイントは各国間の金利差で計算しますが、提示するのはFX会社に任せられています。しかし、それもほとんど安定しているので心配せずともよいでしょう。
豪ドル円が86銭あたりで動いているのがスワップですが、長期トレードでしたら十分にインカムゲインで利益はでます。高スワップポイントでも低スプレッドとハイレバレッジを提供しているので、みんなのFXは信頼性が高いFX業者といえましょう。

短期トレーダーにも十分に対応できる環境が準備されていますので、長期トレーダーにも対応はもちろんできています。それどころか、長期トレーダーの方が高収益を得ているようです。スワップポイントが高いため、長期トレードでも問題ないのです。短期、長期両方のトレーダーにとってもそれぞれメリットがある環境が準備されているのはみんなのFXの最大の特徴でしょう。しかし、高スワップで長期トレード可能という事は、注意すべき点があるということでもあります。それは、買いと売りスワップとの差額です。これはレートのスプレッドのようなものだと考えてください。スワップポイントについてはFX業者で設定が違っています。スプレッドが一つの利益とすると、スワップポイントで生じる売買差額も利益とカウントしても良いでしょう。そう考えると、信頼できます。米ドル円、ユーロ円、ポンド円といったメイン通貨だと売りと買いスワップは差額が倍近くにまでなります。そう考えると豪ドル円の方が安定していて魅力的でしょう。

ポイントはショートポジションの時に払うコストと考えてください。このスウィングトレードやマイナスのスワップポイントは、カウントしなくてよい取引コストにはできないでしょう。ショートポジションを保有している時には、ロールオーバーの時に発生するマイナスのスワップポイントに気を付けないといけません。みんなのFXは、FX業界中でみると、中堅にあたる企業です。16通貨が取引可能で、それぞれのスワップポイントカレンダーがHPに載っています。スプレッドも低く抑えられていますので、スワップ狙いで取引を進めるよりも、短期トレーダーとして始めた方があっているシステムです。

FXを行いやすい季節であったりします

初春は「キャンペーンが最も多い時期」なので、FXを行いやすい季節であったりします。
また、FXのキャンペーンと言うのは、そのままですがキャンペーンが開催されていると言う事です。
間違っても値下げなどのセールではありませんので、このFXを行いやすい季節に大稼ぎを狙ってみるのもいいですね。
キャンペーンはセールと違って、「キャッシュバック」の可能性が大となっています。
※ 業者によってはキャンペーンの報酬がギフトカードであったりしますので注意
そして、キャッシュバックについてですが、「FX業者で口座の開設」をするだけでゲットできるようになっていますので、これは入門者にはありがたいでしょうね。
と言うのも、キャッシュバックだけで3万円以上も稼げるケースがあるからです。
ただし、入金までが必要なので5万円以上の入金などで対応が出来る人用ですね。
ですが、これだけのキャンペーンがある初春はFXを行いやすい季節と言えるのは確かです。

それでは体がもちません

投資家ってせっかちなイメージが無いですか?パソコンの前に一日中座って「売り」「買い」を頻繁に繰り返して利益を出す。ご飯を食べる時間を惜しんで値動きする
のをじっと待って値動きしたらせわしなく売買を繰り返す、といったようなイメージを持っている方もいることでしょう。確かにデイトレをしている投資家はそのような
せわしない方も少なくないようですが、それでは体がもちません。投資をするならどの時間帯に購入すれば一番効率が良いのかを考えて投資をするというのが良いでしょう。
FXであればニューヨーク市場やロンドン市場が動き出す時間帯が一番値動きが激しく儲けどきとなるのでその時間帯を利用したり、株式投資でも同じような事がいえ
るでしょう。その時間帯以外では投資はしないときっぱりと決めることが私生活と投資のメリハリをつけることになるのではないでしょうか。ずっとパソコンの画面を
にらみ購入するタイミングを見張っていないと心配で心配で眠れないという方もいるようですが、投資には、「明日も相場は有る」という言葉があります。これはどう
言う事かと言いますと相場というのは上下降を繰り返しているので今日はタイミングを逃したとしても明日にもまたチャンスは巡ってくるという意味です。ですので、
そこまで肩肘張ってパソコン画面にしがみつくのではなく明日には明日の風が吹くと肩の力を抜いて投資に励んだ方が良いという事を意味しているのです。これら二つの意味
を持っていますので投資はもっと気楽に考えてみてはいかがでしょうか。

自動ロスカット

ロスカットと言うのは「損切り」の事で、今ではこの損切りを設定しておきトレードが出来るようになっています。

「自動ロスカット」がそれですね。
どうして、自動ロスカットと言う機能を利用してトレードをするのかと言うと、そうしないと想定していた以上に損失が発生してしまうからです。
FXでは「いつでも決済ができる」ようになっておりますので、損切りについても個人の自由なのです。

また、必要証拠金の確保を行うと言う名目でも、自動ロスカットという基準が存在していますね。
自動ロスカットは、必要証拠金の何%以下の運用資金になったら自動的に決済が行われる・・・と言うようになっていますので、正確にトレードをしたい場合には自動ロスカットは重要です。
実際に初心者だけが自動ロスカットを使っているように感じますが、トレードに慣れている人も自動ロスカットを使っているのです。

自動ロスカットが発動した後に、元もとの資金がどれだけ確保されるのかについて学んでいき、自動ロスカットの設定によっては、大きな損失を抱える可能性を知っておくのは大事です。

取引シミュレーション

FXなどをやっていると、トレードで「どうやったら儲けられるのか」と言う事を考えるかと思います。
しかし、今では「取引シミュレーション」があるので、計算式については覚える必要はありません。
また、簡単な計算で良いのであれば「購入レート・決済レート・取引通貨」がわかれば大まかな計算はできます。

例えば、100円から110円に購入レートが変動した場合で、取引通貨が1万であった場合ですが、「110-100x1万」となります。
なので、この場合は上がっているので儲けが10万円出ていると言う計算結果になるのですが、これらは取引シミュレーションで記入するだけで良いので、先ほどの計算式やスプレッド・スワップポイントについては業者で用意されているものを記憶しておくだけで良いです。

ただ、1ヶ月でも1万通貨だとスワップポイントでの儲けは微々たるものです(笑)
多分、500円といきませんので、スワップポイントの無い取引シミュレーションでも問題ないかと思いますね。

豪ドルの特徴

豪ドルの特徴についてのまとめです。
豪ドルの特徴では、「スワップポイントが美味しい」と言うものがありますが、実を言うと「取引量が少ない」と言う特徴もあるのです。

つまり、米ドルなどと比べると取引されている通貨が少ない・・・のですね。
それが元になって、乱高下し易いという特徴がありますので、この豪ドルの特徴については忘れてはいけません。
スワップポイントで儲けを出す場合、乱高下しやすい情報が入ってきた場合には買い控えるのが理想です。

また、豪ドルの特徴として最近では「鉱産物や農産物の産出が多い」と言うのもあります。
相場を見る上で、オーストラリアは資源大国であると言うのを忘れてはいけません。
例えば、原油価格が上昇するようになってきた場合ですが、それに連動して豪ドルが買われる傾向も考えておくようにすると、この豪ドルの特徴でFXを優位に進められるようになるかも知れないのです。
これらが豪ドルの特徴のまとめとなります。

外為オンライン

外為オンラインは、「顧客満足度の高いFX業者」です。
多分、FX初心者が特にサイトなどの紹介で知る事が一番多いのは外為オンラインではないでしょうか?
実を言うと私も最初は外為オンラインでしたし、レビューなども多いのは外為オンラインくらいのものです。

と言うのも、外為オンラインはトレードスタイルが多いだけでなく、顧客満足度が高いだけに料金設定まで業界で最安値となっているからです。

使ってみて損は無いFX業者を聞かれたならば、第一に外為オンラインをあげますね(笑)
外国為替証拠金取引(FX)と言うのは、基本的に誰だって不安を抱えながら取引をしています。
なので、外為オンラインでは初心者が安心して取引できる環境を提示しているのが素晴らしい。
早い段階から、外為オンラインはお客様からお預かりした証拠金等の資金と当社の固有財産を区分して管理していました。
今では騒がれている信託保全と言うものです。
このようなスキームを導入しているので、外為オンラインでは安心して取引が出来ます

バイナリーオプション「ワンタッチ型」

バイナリーオプションと言うのは、デイトレなどとは違って一定の時間内で当初よりもレートが上がったか下がったかを当てると言うものです。
一般的なバイナリーオプションは「High・Low型」ですが、バイナリーオプションには「ワンタッチ型」もあります。

先ほどの上がったか下がったかだけで取引が開始されるものは、High・Low型なので当たれば配当が支払われる仕組みになっています。
非常にシンプルなのでバイナリーオプションでは、殆どの人がHigh・Low型を体験されていますし初心者に対しても業者は、コチラのバイナリーオプションを推奨していますね。
次にワンタッチ型ですが、こちらはHigh・Low型と比較して何が違うのかと言うと、「トレード時間が長い」点です。

その代わり、バイナリーオプションのトレードでは配当も大きくなるようになっており、エントリーにおいては自分が設定した値(為替)に到達、かもしくは到達しないと予測をするトレードスタイルになっています。
返金利率については変動型なので、必ずしも当初の配当が貰えるという仕組みでないのが、ワンタッチとHigh・Lowの大きな違いでしょう。

FXで重要なキーワード「レバレッジ」

FXのトレードをやっていると、業者が「レバレッジ」についての案内をしてくるかと思いますが、マニュアル的な対応しかしてこないので注意しましょう。
例えば、大きな損失を出さずにFXをしたいと言った場合でも、レバレッジは「10倍以上」であったりします。

業者によってはレバレッジについて深く考えていない業者もありますし、何よりも通貨ペアのみで損切りをさせてくるような業者も多いです。
レバレッジは倍率(レート)なので、高いレバレッジを平気で利かせるような業者でFXをやっていると、ちょっとした損失で証拠金の半分がとんでしまったりするでしょう。

また、完全に証拠金が無くなってしまうほどの損失が短時間で生まれてしまった場合ですが、「溶かす」と言う風に表現されていますので、業者のレビューなどで「レバレッジの利かせ過ぎで溶かしてしまった」と言うのを見た際には、余りその業者はオススメとはなりません。
初心者の場合、業者から如何様なアドバイスがあったとしても、レバレッジについては「3~7倍」が安定するのを忘れずにトレードで活用してください。

レバレッジの変化

例えば、レバレッジを売りにしている業者はありますが、今ではレバレッジを100倍など、はるかに大きいレートでのFXは減っているかと思います。
実際にレバレッジのレートなどを売りにしている業者も、広告を見ていると減っていますよね。
これがどうしてなのか?と言うと、「レバレッジについては制限がされるようになった」からです。
具体的な数字では、25倍までがレバレッジのレートと設定されています。

どうしてこのようになったのかと言うと、それはレバレッジを制限しないでおいたがために業者側が400倍などの大きなレート設定で営業をしていたからです。
今では金融庁の管理がされるようにまでなったのがFXなので、その際に発生したトラブルとレバレッジについては厳しく監視がされるようにもなったのでしょう。
2009年以降からは、レバレッジについては10倍~25倍と言うのが定番になっています。

おすすめFX口座を紹介

FXトレード・ファイナンシャル

自由度の高いバイナリーオプションだと、「FXトレード・ファイナンシャル」のものが有名でしょう。
まず、HIGH・LOW型のバイナリーオプションなので自由度については高い部類です。
バイナリーオプションで選べるものは、「通貨ペア6種・取引時間帯3種・時間内取引(スタートから判定5分前までで自由)」となっていますので、まずこれに近いバイナリーオプションは少ないでしょう。
また、20回までであればバイナリーオプションの権利放棄が可能になっていますので、余り上手くいかないのであれば権利放棄して終了が可能なのです。

ビギナーにとってはありがたいバイナリーオプションではないでしょうか?
また、FXトレードなので自由なバイナリーオプションにする為の努力もされています。
その為、リスクヘッジ・ナンピンなどを活用して利益増大を狙える「利益の幅が広いバイナリーオプション」としても、その自由度が知られていたりもしますのでお勧めができますね。

外為どっとコム

外為どっとコムは、初心者からの支持が高く今でも「人気の高いFX業者」として有名です。
外為どっとコムでは、お客様が安心してトレードできるように、外国為替証拠金取引においてはお預かりした保証金、為替損益、スワップポイント等の資産については信託保全となっています。

なので、「円貨資産・外貨資産」については外為どっとコムの資産とは区分されているのです。
信託銀行に信託すると言うのは、外為どっとコム以外では余り知られていなかった時代もありましたので、「セーフティーネクスト」を実施するようになってからは、外為どっとコムが有名にもなりました。

信託保全とは、取引を行っている業者が破綻した場合でも、お客様の資産は区分管理により保全されているような状態となりますので、証拠金が消滅する事がないのです。
なので、外為どっとコムを使っていて万が一で倒産となった場合には、保全(証拠金の返却)がされるようになっているのが安心できる部分ですね。
また、こちらについては業者の信託保全のページにも書かれています。