自動ロスカット

ロスカットと言うのは「損切り」の事で、今ではこの損切りを設定しておきトレードが出来るようになっています。

「自動ロスカット」がそれですね。
どうして、自動ロスカットと言う機能を利用してトレードをするのかと言うと、そうしないと想定していた以上に損失が発生してしまうからです。
FXでは「いつでも決済ができる」ようになっておりますので、損切りについても個人の自由なのです。

また、必要証拠金の確保を行うと言う名目でも、自動ロスカットという基準が存在していますね。
自動ロスカットは、必要証拠金の何%以下の運用資金になったら自動的に決済が行われる・・・と言うようになっていますので、正確にトレードをしたい場合には自動ロスカットは重要です。
実際に初心者だけが自動ロスカットを使っているように感じますが、トレードに慣れている人も自動ロスカットを使っているのです。

自動ロスカットが発動した後に、元もとの資金がどれだけ確保されるのかについて学んでいき、自動ロスカットの設定によっては、大きな損失を抱える可能性を知っておくのは大事です。